やまぐちめぐみさん プロフィール

大阪生まれ。
31歳のころ、生まれ育った関西から東京に移り住む。
上京後、中野の無国籍料理店カルマにて料理、お菓子、店づくりなど担当。
30代半ばから制作活動を開始し、カルマにて初めての個展を開催する。
2000年、セツモードセミナー入学。数年後から、自分の絵のスタイルをつかみはじめ、展示の機会を広げる。やがて難病を発症。
2007年、書籍『蜜蜂の家』(理論社)で初の装画を手がける。
2009年、私設のギャラリー「アトリエカヤクグリ」を1年間開設。
その後、難病と闘いながら、絵描き、物書きに専念し、都内カフェ、ギャラリーにて個展、グループ展に多数参加し、数多くの作品を残す。
2015年9月1日に永眠。

めぐみさんの作品を世に残したいという思いから、展覧会、作品の保管などを支えていくことを目的に「kokorimasyo実行委員会」が発足。
2015年11月10日~11月15日まで渋谷のTAMBOURIN GALLERYで開催された、めぐみさんの作品展「めぐみめぐる」には多くの人々が足を運び、大盛況の中で幕を閉じた。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+